03-3604-2728

【営業時間】 9:00~17:00
【定休日】土曜日・祝日(完全予約制)

不動産売却

ここでは不動産売却までの流れを書いていきます。

 

家を売りたい

 

1.状況のヒアリング

先ずはゆっくりと今のお気持ちやお考えを伺います。

不動産を購入することはあっても、不動産を売る経験がある人は少ないと思います。

分からないことばかりなのは当然です、どうぞお気軽にご相談ください。

不動産購入の多くはローンを利用しています。売却予定の物件に残債がある場合は、不動産の抵当権を外す必要があるので金融機関に連絡を取る準備なども始めます。

 

 

2.価格を決める

不動産は全く同じものは存在しないという特徴があります。

地域、接する道路の状況、広さ、古さ、建物の状態、マンションの場合は階数などのほか、市況によって価格は違ってきます。

エリア状況の把握や直近の不動産取引、当該物件の管理状況などを総合的にみながら、ご相談のうえ売り出し価格を決めていきます。

 

 

3.媒介契約

お客さまと媒介契約を結びます。弊社では専任媒介契約を結んでいただきます。

お預かりした物件を、全国の不動産会社と繋がっているネットワークシステム「レインズ」に公開します。

物件を気に入って下さる買主様に早く出会えるよう、全国の不動産会社にアプローチができる仕組みを利用しています。

 

媒介契約とは

不動産を売却する時は、不動産会社に仲介を依頼して買主を探してもらうのが一般的です。この契約を媒介契約と言います。

媒介契約には、1社に依頼する専任媒介契約又は専属専任媒介契約と、複数の不動産屋に依頼する一般媒介契約があります。

専任媒介は仲介が買主を探す一方で、売主も自ら買主を探すこともできます。自ら買主を探した時でも、契約手続き等を不動産会社に依頼できます。

 

 

4.物件調査・経過報告

お預かりした物件の詳細な調査に入ります。役所の建築課などに出向いて資料を入手し契約書を作成していきます。

購入を希望するお客さまがいらっしゃるか、内見されたお客様の反応はどうかなどのご報告もしっかりとしてまいります。

ご報告を密にしていくことで、より良い売却を目指していきます。

 

 

5.売買契約

買主様が決まると売買契約を結びます。

契約当日に向けて、契約の日取りや書類(契約書、重要事項説明書など)の作成、内容の確認を買主様仲介と行ってまいります。

手付金も売買契約日に買主様から受け取ります。買主様の金融機関のローン本審査が通過すると、いよいよ決済(引き渡し)に進みます。

・売主様は、契約に必要なものをご準備いただき当日に備えていただきます。(契約当日までにご準備いただくものは仲介からご案内いたします)

 

 

6.決済(引き渡し)

売主様、買主様、司法書士の先生、仲介が、決済日の午前中に買主様借り入れ先の金融機関に集まって決済(引き渡し)を行うのが一般的です。

売主様は残代金の受け取り、当該物件の残債がある場合はその清算、不動産の名義変更(所有権移転登記)、鍵の引き渡しが行われます。

売買契約が完了したら、司法書士の先生や不動産会社への報酬を支払い、決済(引き渡し)は終了となります。

・売主様は、契約に必要なものをご準備いただき当日に備えていただきます。(契約当日までにご準備いただくものは仲介からご案内いたします)

 

※ご実家などの不動産を売却された際の仲介手数料

物件価格(税抜き)の3%+60,000円(税別)

 

※不動産の買換えや、確定申告のための税理士の先生のご紹介のほか、弊社代表はファイナンシャルプランナーとして不動産投資や金融投資のご相談も承っております。

 

 

不動産売却のご相談は対面の他、LINEやzoomを使ったオンラインも可能です、先ずはお問い合わせください。(無料・所要時間1時間)

お問い合わせはこちらから

 

 

 

その他のお取引

・実家は空き家だけれど、まだ気持ち的に売却できないなどありましたら、空き家の管理を承ります。

空き家管理の詳細はこちらになります。

空き家管理はこちら

 

 

・夫婦2人の生活になったので駅ちかのマンションを購入したい、子供が新居を探しているなどがありましたらご相談ください。

不動産購入、買いたいの流れはこちらになります。

買いたい詳細はこちら

 

 

・空き家になったご実家を貸したい、ご家族のお部屋探しなど、貸したい・借りたいの流れはこちらをご覧ください。

貸したい・借りたいはこちら